2013年10月14日

【企画展】東鳴子温泉・いさぜん旅館猫画像フォルダー公開

いさぜん猫2012年5月

東北のとある湯治宿で出会った看板猫たち。
宮城県大崎市の東鳴子温泉にある「いさぜん旅館」には、ノラ出身の猫たちが玄関先でお客さまをお出迎えしています。
私が初めてこの宿を訪れた2003年から10年間、一眼レフから携帯電話に至るカメラを使って撮り貯めした画像をご紹介してまいります。

〜2003年1月〜
改築前の鳴子御殿湯駅
改築前の鳴子御殿湯駅。
三角屋根側面の白く塗りつぶされている部分には旧駅名の「東鳴子駅」と書かれていました。

改築前の鳴子御殿湯駅
この駅に降り立ったのは、雪の積もる寒い日でした。
駅名板左側のアルミサッシが改札口で、扉の上部には東鳴子温泉の旅館案内が掲げてあったそうです。

いさぜん旅館2003
「冬のローカル線紀行」と題して、東北地方を東西に走る路線を「乗り鉄」していた途中で立ち寄ったのが始まりでした。この日は只見線の会津高田から郡山、仙台を抜け、東鳴子温泉で一泊するスケジュールでした。

タイガー君
宿に着いてお出迎えしてくれたのは「タイガー君」でした。
玄関先に猫が座っているのを見たこの瞬間から、私のお気に入り宿になりました。

ノンちゃんパネル
この頃、いさぜん旅館には「ノンちゃん」というヒマラヤンが長きにわたって看板猫を務めていて、一度だけその姿を見たことがあります。Webサイトで館内設備を紹介する猫のイラストはこのノンちゃんがモデルになっています。

いさぜん猫
雪晴れの朝、敷地を散歩しているのは雌の「黒駒ちゃん」。

〜2008年9月-2009年6月〜
2008年の宿外観
しばらく私事多忙で旅に出る機会に恵まれない日々が続いていましたが、2006年頃から出かけられるチャンスがやってきました。夏の疲れをゆっくり取りたいと考え、ふと数年前に泊まった温泉宿を思い出し再訪。
ビデオカメラを持ち出すことが多くなり、静止画像を同時に記録したのは2008年からでした。

鳴子御殿湯駅
鳴子御殿湯駅は2004年9月に改築されました。

甚内君

甚内君

タイガー&甚内
ハチワレの「甚内君」は2007年頃から宿に棲みつくようになりました。
ここから数年は「タイガー&甚内」をフロントやロビーで見かけることが多くなりました。


さらに2009年頃からは、アビシニアン風の毛並みが心地いい「コンコン君」が仲間入りしました。。

〜2010年5月〜
コンコン君
コンコン君が次第に頭角を現してきた頃、お宿の看板猫に世代交代の時期がやってきます。

甚内君
つやつやした黒髪、いや毛並みが特徴だった甚内君が弱り出してしまいました。
自炊部2階で滞在している私の部屋に上がり、しばらく私の前でひと休みしていきましたが、今思えばこれが最後の挨拶だったのかもしれません。

甚内君

甚内君
温泉のお湯が通っているホースの上は暖かく、その上で寝ている甚内君。
甚内君はこの数週間後の6月初旬、宿から姿を消しました。

タイガー君
じつはタイガー君のほうが少し弱った感じがしていて、宿を訪れるたびに健康状態が気になっていました。
でもここは東鳴子界隈の元ボス猫、生まれながらの強さがありました。宿のご主人はタイガー君を定期的に動物病院へ連れて行ったそうです。

2011年3月10日。タイガー君がこの世を去った翌日、あの大震災がやってきました。

*      *

豹馬君?

豹馬君?
2010年5月撮影。
こちらは陸羽東線のガード下〜築堤付近で見かけた黒猫。
この黒猫の顔を覚えておいてください。あとで登場してまいります。

続きは下記のリンクでご紹介しております。
→続きをどうぞ
posted by STIJ Project at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | My trip 宮城鳴子篇 | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

2013.08 閉館前日の逓信総合博物館

東京大手町地区の再開発に伴い、2013年8月31日で閉館した逓信総合博物館(愛称・ていぱーく)。21世紀の現在となってはレトロ感漂う建物と内装が印象的でした。

まずは動画。


th_P1010921.jpg
千代田区大手町2-3-1にある逓信総合博物館の建物。正式名称は「逓信ビル」で1964年に供用開始。
ひさしの長い官庁建築が特徴で、上層階は持株会社NTTの本社になっています。

逓信総合博物館
大手町地区の再開発に伴い、8月31日で閉館されました。

th_P1010916.jpg
愛称はていぱーく。
かつては郵政省、電電公社、KDD、NHKと通信関連各所の展示が行われていましたが、2001年にKDDが抜け、2011年にNHKが抜け…
最後に残ったのはNTT東日本による「NTT情報通信館」と通信文化協会の「郵政資料館」でした。

逓信総合博物館
万国郵便連合(UPU)の設立100年を記念して設置された郵便差出箱。同様のものが大阪中央郵便局にも設置されています。

逓信総合博物館
1円単位の料金が新鮮に感じました。

逓信総合博物館


逓信総合博物館
館内は明治から現代に至る郵政事業の史料が展示されています。手前のピストルは「郵便物保護銃」といい、輸送中に盗賊から郵便物を保護するために携行されたもの。警察官がサーベルを所持する4年前から持っていました。

逓信総合博物館

逓信総合博物館

逓信総合博物館
戦後まもなく制定されたラジオ体操「第3」のレコード。
このレコード盤はこの逓信総合博物館のほか、岩手県陸前高田市立博物館に保存されていましたが、後者はさきの大震災によって建物・展示品ともに甚大な被害を受けました。レコードはどこへ行ってしまったのでしょうか。

逓信総合博物館
街なかにあるポスト(郵便差出箱)の内部を紹介した展示。実物の差出箱が使われています。
投函した郵便物の盗難を防ぐための加工がしてあるのがわかります。

th_P1010900.jpg
UPU加盟国の切手を集めた「切手ギャラリー」。

th_P1010901.jpg
取っ手を手前に引き出すと切手のコレクションが出てきます。ちなみにこの保存ケースは特注品。

th_P1010902.jpg
長体の明朝は格調が高いですね。

逓信総合博物館
2階のNTT情報通信館に保存されているテレックス。
保存媒体は紙テープです。
注目したいのはキーボードの配列で、英数字はQWERTY配列ですが、カナ配列は現在のパソコンのキーボードとは異なります。

th_P1010907.jpg
クロスバ交換機。
音声通話の自動化に大きく貢献しました。

th_P1010908.jpg
古い映画で「電話逆探知」のシーンがあると、電話局の交換機がガチャガチャ動くというビジュアルを見ることがあります。

th_P1010909.jpg
離島の電話交換台。交換手がコードを接続するタイプです。

th_P1010911.jpg
posted by STIJ Project at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | My trip | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。