2014年05月15日

新緑の鳴子はやはり美しい。

「紅葉が美しいところは、新緑も美しい」の言葉は、鳴子温泉界隈も例外ではありません。
山あいの春はおおよそ4月中旬頃から訪れ、5月上旬から6月下旬までみずみずしい新緑の風景を楽しめます。
おすすめは5月の大型連休から学校が夏休みに入る手前。オフシーズンでのんびり過ごせます。
今回は春から初夏にかけて出かけたときの画像を紹介していきたいと思います。

川渡温泉の菜の花
2008年4月撮影(再掲)。
川渡温泉の菜の花畑は大崎市の観光案内に頻繁に紹介される場所で、桜の時期と菜の花の時期が重なる頃には多くの観光客が訪れます。


ニホンタンポポ

ニホンタンポポ


2008年4月撮影(再掲)。
鳴子御殿湯駅付近、陸羽東線の築堤に咲くたんぽぽ。
これは「ニホンタンポポ」と呼ばれる種類で、最近では見かける機会が少なくなりました。

温泉街の新緑
鳴子温泉駅前の商店街の一角にもみずみずしい新緑を目にすることができます。

潟沼に至る道にて
「はずれさやけき」という地元のシンガーソングライター氏によるフレーズを思い出す光景。
ちなみに「葉が擦れる音が清らかだ」という意味です。

温泉街から花渕山を望む
鳴子ホテル脇、上野々スキー場へ向かう坂道から花渕山を望む。

鳴子温泉_ほっとパーク
2016年4月撮影。「こけし通り」手前にある足湯場「ほっとパーク」。
足湯や外湯に浸かったあとはこちらのベンチでひと休み。
初夏の心地いい風と新緑の香りを浴びるとより一層リフレッシュできる。

鳴子温泉_ほっとパーク
壁面をくり抜いて作った額縁、題して「花渕山の四季」。


初夏の潟沼
2011年6月撮影。
大震災から3ヶ月後に訪れた潟沼にて。
右上に見える「潟沼」の看板は震災に耐えることができましたが、その翌々年の春先に吹いた暴風で落下してしまいました。

新緑の鳴子
温泉街からゴルフ場方面、沼井林道の途上です。
この林道を走り続けると加美町方面に抜けることができますが、ダートなので走るクルマを選びます。
オフロードバイク乗りの間では有名な林道です。

沼井林道 湧き水
沼井林道のダートをしばらく走ると左手に見えるのがこの流水。
鳴子温泉街の水道水はこの周辺の湧き水が水源だそうで、「日本一おいしい水道水」と地元では称されています。

沼井林道 湧き水

沼井林道 湧き水
水に手を触れるととても冷たいです。

沼井林道
沼井林道の未舗装道路。
この周辺では山菜が採れるため、5月のシーズンになると山菜採りの人たちとすれ違うことがあります。
なお、周辺に生える山野草の中には毒を持つ種類もあるので、採集されるときは十分に気をつけてください。


大深沢遊歩道
沼井林道から鳴子峡側へ移動し、大深沢遊歩道の様子。

ヤマツツジ
ヤマツツジ。

新緑の鳴子
小深沢方面を望む。

大深沢から花渕山を望む
花渕山を望む。
posted by STIJ Project at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | My trip 宮城鳴子篇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック