2011年11月09日

2011.11.07 ミズサキノートで「OGA展」を見る ~岩手県奥州市江刺区~

前回のエントリ、深夜、埼玉の産業道路を走る岩手県交通バスの記事を書いているうちにやはり出かけたくなってしまいました。


この「現代風景通信Blog」で何度か取り上げているイラストレーターのオガサワラユウダイさん。
過去に取り上げた記事については「北日本銀行本店の風景」や「岩手の隠れキャラ、「るり」と「らり」を探す」、「2011年6月の北日本銀行本店ディスプレイ」をご参照いただければ幸いです。

今回、以前から行ってみたかったオガサワラさんの個展「OGA展」(開催:10月29日~11月20日の木曜~月曜日)に足を運ぶ機会ができました。
朝9時の新幹線「やまびこ」号で大宮を発ち、向かうは北上です。

mn1111a.jpg
北上から東北本線の上り普通列車に乗り込みます。
電車の車体には岩手県の観光PRキャラクター「わんこきょうだい」が。
この「わんこきょうだい」はオガサワラさんがデザインされたキャラクターです。個展に出かけるのにふさわしい車両に乗ることができました。
下車はひと駅先の「六原」です。

mn1111b.jpg

mn1111c.jpg
六原駅は普通列車しか止まらない小さな駅。待合室には懐かしいポット式ストーブが。
駅前に客待ちのタクシーはおらず、電話で呼びます。

mn1111d.jpg
会場の「ミズサキノート」は北上市の南隣、奥州市江刺区の北上川近く、稲瀬字水先にあります。
周辺は「江刺りんご」の畑が広がっていて、りんごの真っ赤な実を見ることもできます。
りんご農園(及川りんご園)、家具工房(JP-STILE)、プチカフェを兼業するユニークな場所です。

タクシーは会場の場所がわからず、私がiPhoneのマップを見ながらナビゲーションして到着しました。が、地点データベースに登録されたので、以後ミズサキノートに行かれる方は水沢区の北都交通タクシーを使えば迷わず行けるかと思います。

mn1111e.jpg


プチカフェの入口には生後1年くらいと思われる小さなキジ猫が。
とても人なつっこいのですが、お店の方曰く「先日あたりから紛れ込んできてね…」と。

mn1111f.jpg
お店の中は作品が展示してあるためテーブル周辺を1枚撮影。一見シンプル、でもフィジカルだけではなく、メンタルな暖かさのある空間、と感じました。
なんだか育ちのよさそうな子の家にお呼ばれされたような感覚を覚えます。

テーブルやチェアはすべて手作り。テーブルの表面を触ったときの滑らかさと穏やかな艶がとても心地いいです。
お茶とお菓子をいただきながら作品を鑑賞することができます。
手作りのシフォンケーキはもっちりした食感が楽しめます。

お店の壁面には新作も含め、数十点の作品が展示されています。
オガサワラさんが仕事の傍らイラストを描き始めて10年間のタッチの変化がよくわかります。
ふだん雑誌やポストカードでしか見ることのできなかったイラストたちをパネルで鑑賞すると、伝わってくる力がより強くなります。

オガサワラさんのイラストから伝わってくるもの、それは「優しさ」です。
「優しさ」にもいろいろな種類があります。たとえば誰かの施しに積極的に寄りかかって「甘え」や「依存」を促す「優しさ」や、辛いときや悩んでいるときにそっと寄り添うけれども、最終的には自己の回復力を待つ「優しさ」…。この例でいえば、後者ではないかと私は思います。

mn1111g.jpg
会場では展示作品パネルのほか、グッズ類を購入することもできます。
カレンダー、缶バッチ、ポストカード、クリアーファイルなど種類もずいぶん増えました。

作品を観ているうちに私の部屋で毎日鑑賞したくなってしまい、作品パネルを予約。
到着は数週間後とのことで、とても楽しみにしております。
ちなみに入手したいと考えた作品は、奥州市のタウン誌「月刊Oh!Shun」の4.5月合併号に表紙として掲載されたものです。

12月中旬、自宅へ到着した作品パネルはこちら。
一ヶ月前の自分からいまの自分へのクリスマスプレゼントになりました。
メッセージは「どんなときでもひとりじゃないよ」。
おかっぱ頭の女の子はオガサワラさんのイラストで頻繁に描かれています。
「おがっぱアタマ(OGAッパアタマ)」と呼ばれているとかいないとか…。
mn1111j.jpg



パネルの裏面にはオガサワラさん直筆のメッセージが。
mn1111k.jpg
「Never forget smiling」。



★関連サイト
→ミズサキノート
→同所のBlog
※「わんこきょうだい」は岩手県観光協会の登録商標です。

追記2011.11.09
「OGA展」に出かけたのち、宮城県大崎市の鳴子温泉へ宿泊しました。
鳴子温泉駅近くにある行きつけの喫茶店「おかしときっさ たまごや」さんの店内に入ったところ、入口にオガサワラさんのポストカードが飾ってありました。

mn1111h.jpg
震災直後、盛岡地域SNSサイト「モリオネット」で話題になった「みんながひとつになったとき」のポストカードでした。
ポストカード通信面の下部に書かれた、作者によるメッセージはとても秀逸です。

さらに店内にはこういうものも…。
mn1111i.jpg
岩手県一関市に本店を置く印刷会社がノベルティとして配布しているミニボックスティッシュです。ファンの方ならきっと欲しくなるパッケージです。

以前、岩手の隠れキャラ、「るり」と「らり」を探すの記事内で、
氏の作品やキャラクターを見られるのは「わんこきょうだい」を除き今のところ岩手県内に限られているので、願わくば一ノ関を越えて宮城県…栗原・大崎エリアへ来ていただけると新しい展開ができると確信しております。

という希望的観測を書いたことがありますが、もしかして…。

追記2011.11.21
後日、ミズサキノートさんのBlog、2011年11月21日のエントリーを読んだところ、個展最終日の20日に県内で活動しているアコースティックユニット「underpath!(アンダーパス!)」さんがご来訪されたとのこと。県内外で話題になった彼らの作品CD「たらりら」や「わんこきょうだい~いぬではございません~」のジャケットイラストもオガサワラさんの作品です。

ふと、このプチカフェでunderpath!さんのミニライブを開催してほしいなと思ってしまいました。アコースティックギターとパーカッションの構成で演奏し、ライブに参加したお客さんとみんなで歌ったり、お茶を飲みながらミュージシャンとお話ししたりとか…。とっても素敵な時間になるのではないかとまたもや希望的観測。

追記2011.12.18
自宅に飾ったパネルを見ながら「このイラストはどのようにして描いているのか?」と思って調べたところ、下記のリンクにたどり着きました。
→盛岡タイムス2005.6.10記事より
ダーマトグラフを用いて描いた原画をスキャンし、彩色はPCで行なっているようです。
posted by STIJ Project at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | My Trip 岩手篇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック