2009年06月21日

湯治宿のある日~東鳴子温泉~



東鳴子温泉の「いさぜん旅館」はよく滞在するところです。

早朝、肌に無数の気泡が付く炭酸泉とアブラ臭のする鉄鉱泉に浸かってふたたびひと眠り。
汗がどっと出ますが、とても爽快です。この爽快さに足を運んでしまいます。

玄関先やロビーにいる猫も魅力です。
元ボストラ猫のタイガーに白黒の甚内、さらにもう一匹。コンコンちゃんと言うらしいです。
触った感じがロシアンブルーっぽい短毛で心地よいです。

鉄道ファンとしては旅館の裏手を走る陸羽東線の列車の往来に興味を奪われます。
早朝、朝の太陽が差した浴場でディーゼルカーのエンジン音と車輪のきしむ音をBGMにお湯に浸かるのは至福です。

~関連ページ~
2008.09.09-11 鳴子休養(2)-ねこいぢり2008秋
2008.04.26 湯治宿の猫~東鳴子温泉・いさぜん旅館~
posted by STIJ Project at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | My trip 宮城鳴子篇 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。