2014年07月29日

14.07.26 佐々木一澄さんトークイベント「郷土玩具をたのしむ」おぼえ書き

140726トークイベント
7月6日に東京・巣鴨のとげぬき地蔵尊で行なわれた「伝統こけし製作実演」から20日後の26日、地元埼玉で郷土玩具のトークイベントがあるとの情報を受け、川口駅まで向かいました。

場所は東口から徒歩1分のところにある公共施設「キュポ・ラ」の7階にある「メディアセブン」。
ワークショップスペースや映像編集・録音スタジオを備える情報文化施設です。

タイトルは「郷土玩具をたのしむ」。
トークイベントの講師はイラストレーターの佐々木一澄さん。
佐々木さんは書籍、雑誌、絵本へのイラスト執筆に加えて郷土玩具への造詣を深く持ち、筑摩書房「Webちくま」に掲載するなどの活躍を続けられています。

140726トークイベント
会場のワークスタジオでは佐々木さんの作品と郷土玩具コレクションの一部が展示されています。
今まで郷土玩具ということばを聞くと、玩具店や土産物店で見かける独楽(こま)やだるま落とし、あるいは神社の神札所の片隅にある土鈴といったどこか地味な印象を正直持っていました。
しかし改めて見てみると、多彩な種類と形状、色使いの鮮やかさ、デフォルメとディティールの絶妙なバランスを持つ、とても個性の強い玩具であることに気づくことができます。

以下にトークイベントのメモを記します。

140726トークイベント
★郷土玩具との出会い
創作活動で悩んでいたとき、ふと新宿の若松河田駅(地下鉄大江戸線)近くの民芸品店に入ったのがきっかけ。
とある郷土玩具を見たとき、「身体に雷が走った」ような衝撃を覚えた。
「カラフルだけどポップとも違う、渋さというものでもない、しいて言えば『妖しさ』を感じる」

じつは「妖しさ」というのが重要な部分で、この妖しさがどこから由来しているかは郷土玩具の歴史を紐解いてみると見えてくるものがあります。

140726トークイベント
★郷土玩具の収集へ
最初に手に入れたのが「伝統こけし」だったため、伝統こけしから収集を始めて現在に至る。
「郷土玩具を集めるには何かを犠牲にする必要がある(笑)」と話す。


140726トークイベント
★郷土玩具の起源は人形
・人形の起源は縄文期の「土偶」から始まるのではないか。
・土偶には女性をモチーフにしたもの、男性をモチーフにしたものがある。
・弥生期には木製の「木偶」が登場してくる。
・古墳時代の「埴輪」は、人間が「死」の観を持つことにより造られた。
・仏像へと結びつく流れ。


140726トークイベント
★ひな祭りと人形の関係
・子どもの無病、成長を祈願する。「身代わり信仰」の流れ。
・紙製の形代(かたしろ)を川に流す「流しびな」
・紙ではなく植物を使った「草人形」もあった
・平安期になると「天児(あまがつ)」、「這子(ほうこ)」の登場
・子どものおもちゃとして用いられ出す
・やがて、ひな祭りは全国的に広まっていくが、次第に豪華路線に走ったため規制が入る
・人形の大きさを規制したため、小さな「芥子雛(けしびな)」が造られる。


140726トークイベント
★郷土玩具のモチーフと素材
「犬」…犬張子、安産祈願
「猫」…招き猫、ねずみ除け

「木」…大山の木地玩具(神奈川・伊勢原)
「土」…今戸焼(東京・浅草)、土人形(鳥取・下北條)
「紙」…多摩だるま(東京・あきる野市他)


140726トークイベント
posted by STIJ Project at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | こけしと郷土玩具の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

2014.06 盛岡・櫻山界隈にて

櫻山界隈201406

櫻山界隈201406
茅の輪くぐり。

櫻山界隈201406
4月11日の夜に発生した火災で焼けた飲食店舗。
黒く焼け焦げた柱が生々しいが解体の途中だった。

櫻山界隈201406
鐘つき堂近くに咲く紫陽花。

櫻山界隈201406
喫茶「六月の鹿」。

櫻山界隈201406
豆を焙煎するいい香りが広がる店内。
「暮しの手帖」を読みながら待つ。

櫻山界隈201406
香ばしいくるみのスコーンとともに一杯。

櫻山界隈201406
店先で昼寝しているところにそっと近づいたら、気づかれてしまった。

櫻山界隈201406
友人曰く、昨年の春先に生まれてからこの近辺にいるという。

櫻山界隈201406
場所をずらしてまた昼寝。

櫻山界隈201406
夕涼み。
この界隈では有名な猫なのだいう。

th_P1010687.jpg
商店街と櫻山神社の間を走る道路を悠々と横断していく姿を見た人が多い。
往来するクルマは一時停止して猫の横断を待ってくれる。

櫻山界隈201406
お店のおかみさんが出てきたら、また一匹。

櫻山界隈201406
続々やってきて都合四匹。

櫻山界隈201406

櫻山界隈201406

櫻山界隈201406

櫻山界隈201406

th_P1020190.jpg
参考までに2013年秋に見かけた三毛。
posted by STIJ Project at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | My Trip 岩手篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

2014.07 至近距離で「凄ワザ」を見る3時間 〜巣鴨とげぬき地蔵尊・鳴子こけし実演展示〜

鳴子こけし実演展示1


先日、休養で鳴子温泉に滞在していた折、このイベントが開催されることを知りました。
「めったに見られないものが見られるからぜひ行ってみて」
ということばに惹かれて向かったのは東京巣鴨のとげぬき地蔵尊。

震災復興支援イベントとして2012年から東京巣鴨のとげぬき地蔵尊(高岩寺)で開催されている「伝統こけし製作実演」。第1・2回の2012年は福島の土湯系、翌年第3・4回は青森の津軽系、そして第5回目の今回は鳴子系です。地元の伝統こけし工人さんをお呼びして製作風景を実演していただくほか、作品の展示や販売も行なう内容です。
「なぜ、とげぬき地蔵尊でこけしなのか?」という疑問には「住職さんが東北地方のこけしを収集されているから」が答えだそうです。

鳴子こけし実演展示2
会場は高岩寺の隣にある信徒会館ですが、境内では観光PRコーナーが置かれ、地元の名産品が展示販売されていました。観光案内所や商工会の見覚えある方々もPRのために東京入りしていました。

私の行きつけ「玉子屋本店」の「こけしのゆめ」と新製品「もなかフランセ」が並んでいるのを発見。ここだけの話、「もなかフランセ」の商品写真は私が数カ月前に撮影したもの。ご採用ありがとうございます。

鳴子こけし実演展示3
「肉のしばさき」オリジナル調味料、「しばドレ」、「しばだれ」のポスターは、さきの「こけしのゆめ」のパッケージをデザインした宮本悠合さんの作品です。

鳴子こけし実演展示4
それでは会場へ向かいます。
今回の実演者さんたちの作品が展示され、購入することもできます。

鳴子こけし実演展示5
また、土湯系、南部系、津軽系など伝統こけしの各系統別作品も展示されています。
特に津軽系の表情や形状、模様をじっと眺めていると、一本のこけしには縄文期以降数千年の長い歴史が刻まれているんだなと感じます。

鳴子こけし実演展示6
展示コーナーでじっとこけしを見ていると、このイベントを主催した「東京こけし友の会」の会員さんからお声をかけられ、貴重なお話をうかがうことができました。

伝統こけしには地域や工人さんごとにフォーマットや意匠が決まっていて、それらは親から子へ、師匠から弟子へ直々に伝えられながら現在に続いています。よって他の工人さんのフォーマットや意匠を使うことをしないのが暗黙のルールとのこと。すべて手造りのため同じものはふたつとなく、一本一本のバリエーションを楽しむのがこけし趣味の面白いところです。

そういえば鳴子の喫茶店に行ったとき「こけしの違いってどうしたら分かるんでしょうね…」とお店のご主人に訊いたところ、「じっと眺めていると次第に分かるもんだよ」と教えてくれたことを思い出しました。

「こけしの観点」は人それぞれですが、主なものを取り上げると…
 ・顔の表情(面描)
 ・胴体の描彩
 ・全体的な姿(フォルム)
 ・製作者とその年代
 ・産地による系統、師弟関係による系統

などといったものがあって、それぞれの観点でいろいろ調べていくとなかなか奥が深いのですが、直感的に「これ、かわいいな」と感じたものをまずは買ってみて、ゆっくり眺めるのがいいのかなと思います。「また欲しいな〜」と思ったらこけしの魅力に少しずつ出会えるのではないかと感じました。

鳴子こけし実演展示7
冒頭で書いた「めったに見られないものが…」はこちら。「足踏みろくろ」による製作実演です。
足踏みろくろは旋盤の先祖的なもので、江戸末期に登場し全国の木工製作現場で使われました。東北地方には明治期に伝わり、鳴子では昭和20年代頃まで使われていました。その後、モーターが動力源の「電動ろくろ」が昭和初期から普及し、現在ではこけし製作の場面で足踏みろくろを使うことも、さらにはそれを動かせる人も少なくなりました。

この足踏みろくろを使える数少ない技術者のひとりがこちら、伝統工芸士・早坂利成工人です。

鳴子こけし実演展示8
鳴子のこけし店では製作現場を人通りのある窓側に置いて、観光客が見学できるようにしているところもありますが、目の前数十センチの至近距離で見られる機会は貴重です。

鳴子こけし実演展示9
真剣な眼差しの早坂工人。けれども来場された方が質問するととても気さくに楽しく説明してくださいました。
木を削るには一定の回転数が必要ですが、速過ぎると木地が吹っ飛んでしまいます。足の踏み加減で回転数を調整しながら、なおかつ手に持ったかんなを木地に当てていく…長年の経験と技術があって初めてできるものなのだと感じました。

鳴子こけし実演展示10
独特な形状のかんなで削るときの音が心地よく感じます。
こけし工人さんは道具も自分で作ります。
「ホーマックには売ってないから(笑)〜早坂工人談〜」

こけしの製作は木を削るところから絵付けまですべて一人の工人さんがこなします。
分業にできないのは「全体的なバランスを見る必要があるから」。
大きさも定規で測ることはせず、自分の眼と手で読み取ります。
「寸分違わず同じものを量産する」ではない価値観がここにはあります。

鳴子こけし実演展示11
木地の表面を磨くのは「とくさ」を束ねたものを用います。
漢字で「砥草」と表記するように茎の表面にあるギザギザを使ってサンドペーパーの要領で磨くと、柔らかなツヤが出てきます。現在の制作現場でも市販のサンドペーパーと併せて使っています。
ちなみに、とくさに水をつけることで目の粗さより細かいものにすることができます。さらに細かい目が必要なときは「稲わら」を使います。

最近はこけしの表面に蜜蝋を塗ることで、より光沢を出したり絵付けの染料が流れないようにしています。
けれども水気は苦手で、今回のように雨が降っている日が展示品や販売品を雨で濡れた手で触られないように気を遣うのだとか。

鳴子こけし実演展示12
気づけば3時間近く会場でこけし作りを見ていました。鳴子には何度も出かけているけれども製作風景をじっと見る機会は今までなかったのが正直なところです。「東京こけし友の会」の会員さんからお伺いしたお話もとても興味深く、こけしの見方がまた増えました。
おそらく次に鳴子へ出かけるときには、こけし店の中でずっと作品を見入ってしまう自分がいるのではないかと想像に難くありません。

〜後日談〜
やはり見れば見るほど興味は湧くもので、私も「東京こけし友の会」に入会させていただきました。

posted by STIJ Project at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | こけしと郷土玩具の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする