2010年02月11日

国鉄灰皿の外観と蓋の開閉

なんでこんなモノが家にあるんだ? と思うものの一つ。しかし使ってみるとこれほど使い勝手のいい灰皿はありません。
JRのイベントなどで工場などが公開されると、鉄道車両の部品や備品などを売るコーナーが必ず出店されますが、そこで入手しました。


通称「国鉄灰皿」。ボックスシートの窓際に取り付けてありました。禁煙車両がほとんどの現在では考えられませんが、昔は喫煙車両がデフォルトで、車内は紫煙が立ち込めていました。
posted by STIJ Project at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィデオ資料集 | 更新情報をチェックする