2007年10月15日

ありし日の駅風景

om071015a.jpg
よく見れば分かりますが、2007年の10月にオープンした鉄道博物館(埼玉県さいたま市大成)の館内です。

「時代モノ」風の画像を作るにはちょっとした加工が必要です。
・たとえば車両の内装。窓から見えるつり革は「急行全盛期」を表現するときに時代考証と合わないのでレタッチして消しましょう。
・ドア付近の区画にボックスシートを描き込みましょう。シートのモケット色はブルーです。
・窓際に時代を匂わせる「パーツ」を置いてみましょう。陶器製のお茶瓶とか、冷凍みかんとか、瓶コーラなど。
posted by STIJ Project at 23:20 | TrackBack(0) | My trip | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。